プロフィール・挨拶

 大倉萬佐子

アンチエイジングアプローチの基本は、食事、運動、そして心の持ち方と言われています。眼科領域の病気として、近年、パソコンや携帯電話の普及により眼精疲労やドライアイを訴える方が増えてきています。眼科疾 患の中には、これらを繁用される比較的若年者の方々や、加齢に伴う病気があります。特に加齢に伴う病気には発症して失明に至る病気、経過観察中に病状が悪化して日常生活に不自由を感じた際に手術を行うという病気もあります。

以上のような眼精疲労や加齢に伴う様々な病気に対して、病状の改善や失明に至る状態の進行を遅らせる方法の一つとしてアンチエイジングアプローチが有効ではないかと考えています。

私はもともと眼も体も丈夫な方ではありません。
これをどうにかしたいという思いで実践してきたところ、日頃私が取り組んでいる方法を紹介して欲しいとおっしゃって下さる方々の声を多数頂きました。そこで、その声にお応えし、私自身がお伝えしたいことの集約がこのホームページです。
ご紹介している内容は、あくまでひとつのご提案であり、ご自分に合った方法を見つけて頂くきっかけになればと願っています。
医師として、加齢を感じるひとりの女性として、微力ながら皆様のお役に立てれば幸いです。

 

プロフィール

アイクリニック天神院長
瞳美容研究所代表理事
日本眼科学会認定専門医
日本抗加齢医学会認定専門医・評議員
日本温泉気候物理医学会温泉療法医
KAATSU スペシャルインストラクター(特定資格者)