アンチエイジング

食事について

食事は、「腹八分目」とは昔から言われています。

最近では、カロリー制限、ケトジェニックダイエット、糖質制限等の食事の取り方を耳にされている方も多いと思います。

カロリー制限とは、カロリーを約30%制限する食事法です。私達の細胞の中には、老化に関わる全ての遺伝子をコントロールする、長寿遺伝子サーチュインが存在します。これがこの長寿遺伝子のスイッチをONにすると言われています。

次に、ケトジェニックダイエットは、糖質を制限することによってケトン体を作り出し、脂肪をエネルギーに変えることで脂肪を消費しやすい体質にするというダイエット法です。

カロリー制限が美と健康の秘訣というアカゲザルの実験は有名ですが、これは米ウィスコンシン国立霊長類研究センターで1989年にスタートし、餌のカロリーを30%減らした群と好きなだけ餌を与えた群で比較し、カロリー制限したサルは寿命が伸び、高血圧や癌といった病気になりにくく、運動量も多くなり、見た目も精悍で若々しかったと報告しています。

その後も研究が進み、カロリー制限によりケトン体が増加すること分かってきており、長寿や病気の予防に関係しているという論文が出て来ています。

眼科領域でもケトン体のひとつであるハイドロキシブチレートを与えると、カロリー制限と同じように眼の表面を保護出来たり涙液を保持出来ることが分かり、現在ケトン体点眼の研究がすすめられています。

また、眼科領域においても2011年にAREDS(Age-Related Eye Disease Study)という無作為大規模臨床試験で、抗酸化物質の摂取により加齢黄斑変性の進行が予防されることが発表されました。AREDSで投与されたサプリメント処方としては、βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、銅です。
このAREDS処方に新しい栄養素であるルテイン・ゼアキサンチン、または/およびω−3脂肪酸(DHA/EPA)を加えることでさらに加齢黄斑変性症への進行抑制効果を増強できるかという目的のもと、米国国立眼研究所(NEI)でAREDS2(Age-Related Eye Disease Study2)が、米国82施設4000名以上を対象に実施されてきました。2013年の発表で、ルテイン・ゼアキサンチン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、銅がNEIが推奨する新処方として報告されました。これらの栄養素の一日の摂取量を、食事で十分に摂取することが難しい場合はサプリメントで補うのもひとつの方法だと思われます。

関連のクリニックにさせて頂いている「三番町ごきげんクリニック」は、お一人おひとりに合わせた「ドクターズサプリメント」という栄養分析プログラムにより個別に必要なサプリメントの処方をおこなっている全国でも数少ないクリニックです。近年、多くのサプリメントが発売されていますが、やみくもに摂取して知らず知らずのうちに過剰摂取になっていたり、本当に必要なものが摂れていないことも考えられます。問診や血液検査により現在の栄養状態を分析して必要なものだけを処方しています。

眼精疲労やドライアイ、黄斑変性症が気になる方、オーダーメイドのサプリメントにご興味のある方は是非ご相談ください。



運動について

運動の基本は、筋トレ、有酸素運動、ストレッチですが、筋トレの一つの方法として個人的には加圧トレーニングを行っています。
         


加圧トレーニングの特徴としては、体に負担の少ない低負荷のトレーニングでも負担の大きいトレーニングを行なっているのと同様な効果が短期間、短時間で得られるというものです。






         
筋肉疲労によって出た乳酸は、筋肉内にある受容体を刺激します。
すると脳は、刺激を受けて損傷を伴った受容体を再生するべく成長ホルモンの分泌量を上昇させます。


成長ホルモンの分泌量の年齢別割合ですが、このように年齢を重ねると、その分泌量は低下していきます。










         
加圧トレーニングでは成長ホルモンが分泌されますので、筋力アップだけではなく、上記のような効果が期待されると言われています。筋力アップすることで基礎代謝が上がり、太りにくい体質になることはよく知られています。

         
ただ、このようにトレーニングを行う際には注意の必要な疾患もあります。












眼科疾患でも注意が必要と考えています。 眼科医初のインストラクターということで、ぜひ皆さまにお伝えしたいと思っています。
         

アンチエイジングにとって運動の重要性はますます広がってきています。
加圧トレーニングもひとつの手段ですが、ご自分に合った運動法を見つけて無理のないように継続することが大切だと思っています。
佐田整形外科病院は、加圧トレーニングを実践している施設として歴史があり、優れたインストラクターの先生がいらっしゃる施設です。OKURA Medical Health Laboratoryの関連施設にさせて頂いておりますので、ご質問等がございましたらお問い合わせください。





※「加圧トレーニング」とは、発明者佐藤義昭が45年以上にわたり研究を重ね生み出されたメソッドである。本文中の加圧トレーニングの表示及び「加圧トレーニング」は、KAATSU JAPAN株式会社の登録商標です。
©2011KAATSU International